安倍政権

そろそろしっかりした検証をする時期ではないだろうか。

しっかりと検証すべき課題が二つあると思っている。

一つは安倍政権の評価。

もう一つは、まだ過程ではあるが、新型コロナにおける対応。

 

まず安倍政権。

批判噴出しながらも長く続いた。

私は、よくやった方だよな、と思う。

トランプ政権に振り回されつつつつ、身内の不祥事に悩まされもした。

コロナ過でも行動し続けた。

自らも、周りも、膿を垂れ流しつつも、出し切ろうとせず、汚し汚されながらも、褒められる政策もあった。

政治の世界に白いものはない。

真っ黒なものも時にあるが、それはさすがに潰される。

あとはただ、果てしなく灰色が続いている世界だと思う。

アベノミクス、官邸支配、消費増税法人減税、ろくでもないがよくやった。

公文書改ざん、不正の疑惑の数々、よくこれであれだけ続いたものだ。

公正明大とは、程遠い。

しかし、ふがいない野党に助けられての長期政権。

私は、国民が反省すべきだと思う。

こんな政権は長く続けさせてはいけなかった。

内政、外交は比較的評価できると思う。その良い面だけは継承しつつ、丁寧に説明し、真摯に国民の側に立つ政治家に、もっと早くに交代してほしかった。

安倍さんの急な退陣により、菅総理を柱とした、何も継承できず、判断も実行もできない政権に移行してしまった。

 

もう一つ、新型コロナにかかわる対策について。

そろそろ見えてきたのではないだろうか。

まだ途中ではあるが、これだけの悲惨な現状をもたらした、原因をそろそろ追究してもよいのではないだろうか。

問題は、当初、皆で日常生活を制限し、我慢すれば元の生活が戻ってくると国民に信じ込ませたことにあると思う。

2年間、我慢を重ね、いまだ悪化している。

確かに政治はふがいなかった。

しかし、すべてを政治に責任を負わせるのはさすがに酷だと思う。

そもそも、日本の感染状況は、どれほど憂慮すべきものなのか?

客観的なデータによって、検証すべき時期は来ていると思う。

私は、批判されるべきは、医療の専門家とメディアだと思っている。

まだ、はっきりしたことは言えない。

しかし、全国8割を占める民間病院が、どれほどひっ迫し、困窮したか、とても疑問なのである。

私の知っている病院は、発熱患者を極力受け入れなかった。

そして、補助金だけはしっかり持っていった。

こういう状況を後押ししたのは、医師会という、なんとも掴めない団体のような気がするのは私だけだろうか。

不安をあおり、今の状況にリードしていったのは、間違いなくメディアである。

タレント化した医師などは、連日テレビなどへ露出して、それなりの報酬を得ていた者も多くいそうではないか。

ここぞとばかりに声を上げ、目立っていたタレントMCのせいで、人生が積んでしまった人も少なくない気がするのだが。

どれだけ正しかったのか、本当にそれでよかったのか、誰が冷静に判断してくれるのか、とにかくこれを待ちたい。

もし、誰かが間違っていたのなら、責任を取ってもらわなければいけない。

知らなかった、わからなかった、では通らないというのは、社会の常識なのだから。