Latest Entries

立花孝志という男

立花孝志という男。
私はこの人物に、何ら魅力を感じませんが、彼の持つしたたかさは認めざるを得ないし、有効戦力の使い手としては確かに感心してしまいます。
どのような過程でこのような人格が生まれたのでしょうか?
私は、彼に同調していく人たちの心理がイマイチ理解できないですが、どこまで真剣なのでしょうか?
私は、立花氏にとって、ネタは何でもよかったのではないかという気がしています。
たまたま彼の身近にNHKがあった。
彼の近くにいる人たちにとっても、たまたま、立花という面白い男がいた。
胡散臭いというのは、誰もが感じることでしょうが、この波は、どこまで広がっていくのでしょうか。
おそらく一過性のものだと思いますし、当事者たちも、飽きたら次のことを始めるだけのような気がします。
機を見るに敏、今の時代を生きるに、大切なことのひとつかもしれません。
しかし、流行は終わるし、乗ろうとすれば必ず乗り遅れるものがいるし、乗ったら降り損ねるものがいる。
立花氏当人たちはどう考えるのでしょう。
やりたいことをやって、あとは知らない。
彼の言動を見ていると、そう感じることが多い。
私は、政治家としては最もやってはいけないことだと思うのですがね。

こういう人物が台頭してくる。それだけ、若い世代を中心に、国民が膿んでいるんでしょうね。
立花氏や、れいわ新鮮の山本氏、彼らの戦略は支持を得るに繋がっている。
今は、彼らの存在は小さい。
しかし、歴史をかじったことがある人なら、なんか気持ち悪いと感じるのではないでしょうか。
ヒトラーや、カストロ、毛沢東など、台頭の最初は、とにかく弱者の支持を得ることから始まった。
貧困層、社会的に虐げられる人たち、彼らの不満を増幅させ、利用していった。
過去の独裁者の進んだ道を見ていくと、どこまで弱者に寄りそいたい、見方になりたいというのが本心だったかは疑わしい。
しかし、きっかけは皆、弱者の味方となり、人々の負のエネルギーを利用している。
実際弱者でなくてもいいのです。
強者を標的にし、対比してあなたたちは弱者なのだ。
強者が搾取するせいで、虐げられているのだ。
巧みな言葉で人心を掌握していく。
最初は小さな力でも、やがて立派なポピュリストとして、時代がつくり上げていくのです。
人が思っていても、言えないこと。
代弁してくれるだけでも同調してしまうのです。
その言動によって非難されても、せせら笑うしたたかさに心酔してしまうのです。
立花氏などは、少なくとも、現代における、ポピュリスト誕生のための有効手段を示してくれています。
あとは見せかけであれ、大義を用意すればいい。
時代の流れに乗り、運を見方に付けられれば、その後はうねりが勝手に進んでくれます。
今はまだ、面白いなあと、私の興味を引いてくれる段階です。

竹島問題

竹島問題。
韓国の議員団がまた竹島を訪問しました。
日本はもう慣れたもので、「遺憾です、抗議します。」で終わりそうです。
これでいいんでしょうかね。
日本人はとにかく温度が低い。
これはやっぱり国の取り組み方のせいでしょうか。
日本人は歴史認識が人ごとなのです。
テレビなんかで断片的に分かりやすく語られる情報を取り入れるだけで、知識も薄いし、意見も持たない。
韓国の場合は、歴史に関する研究機関がそれなりの資金を投入されて存在するのです。
情報は、その真偽はとりあえず置いておいて、国の内外に発信されるのです。
韓国にとってのあるべき正しい歴史は、教育の場でしっかり子どもたちに植えつけられるのです。
竹島にしろ、慰安婦にしろ、とにかく正当化しています。
日本もこの、国としての姿勢は、ちょっと見習ったらいいのではと、思うのですが…
日本の外交は、下手とは思いませんが、おとなしくてイラつくのは私だけでしょうか。
「戦争で取り戻すしか…」などという馬鹿は相手にしたらいけないのですが、気持ちの方向性は理解できるのです。
あれは馬鹿ですが、もっと戦略的に、日本の立場、主張を示すことは考えるべきでしょう。
このまま竹島が北方領土と同じ状況になる可能性は十分ありますよ。

真偽というのは、時々の状況で揺れ動くものです。
日本が今直面している問題は、認識にゆだねられています。
世界の知識人、韓国国内においてさえも、日本の主張に同調する人はいるはずなのです。
しかし、なんとなく日本に味方できない風潮が間違いなくあります。
当の日本人が、あんまり気にしてないみたいだし、これでいいんじゃない?
そんな雰囲気が感じられるのです。
竹島がなぜ領土問題となっているのか?
多くの日本人は、「日本の領土だって、偉い人が言ってるみたいだからさあ…」
なぜ慰安婦問題は解決しないのか。
「昔、解決済みになっているって、テレビの人が言ってたから…」
その程度の認識のはずです。

日本は太平洋戦争に負けました。
正義の行使者アメリカから、侵略で得た領土や財産は全部返しなさいと言われて、すべて従ったのです。
でも、どさくさにまぎれ、もともと日本の持ち物であった北方領土や竹島まで取り上げられたら、それは日本はかわいそうでしょう。
世界にしてみれば、「そうだね、かわいそうだね、でもよくある話だよね。日本人自体、あんまり分かってないしね。」
それで済んでいるのが現状です。

日本としての正しい情報、正しい姿勢を示していかなければ、やがて、「よく分からないけど、韓国が悪いから攻撃しろ」などという馬鹿が増殖する可能性が高いのです。
国や、メディアは情報を発信し、国民は知り、考える努力をする必要があると思います。

GSOMIA破棄

韓国との関係は、とうとう安全保障問題にまで発展してきました。
GSOMIA破棄は、韓国にとっても大きな作戦だったろうと思います。
もう国同士のケンカになっていますので、引き下がれないです。
やくざ者のケンカと一緒です。
どう解決するか…
誰かに手打ちさせてもらうしかありません。
今回、アメリカを巻き込みたかったのではないでしょうか。
韓国としては、アメリカが仲裁するから、しょうがない、いったん日本と和解しておこうか。
そんな展開を求めて、アメリカにとっても不利益となるGSOMIAの破棄をほのめかした。
しかし、アメリカは今回突き放しましたね。
まだ時期じゃないということでしょう。
しかしアメリカも自国の国益を損なう危険を感じれば動きます。
トランプも最優先課題である大統領選にプラスになるタイミングを図っているでしょう。
その時までは、日韓はこのまま消耗し続けるでしょう。
すべては選挙のため、支持率のため。
民主主義の国で当たり前のことです。
私たちも、価値のある情報、統制された情報、見極めるのが大変ですが、判断して過度に不安にならないようにしたいものですね。

米中の関係は、その点、もう少し厳しい。
手打ち式を段取りしてくれる国がいません。
そもそも、この問題は、貿易摩擦というより、ハイテク産業で世界の覇権を握りそうな中国を何としても失墜させたいアメリカの、無茶な圧力によって起きているのです。
大義も何もありません。
邪魔だから下がれ、ただそれだけなのです。
中国は当然迎え撃たねばならず、アメリカも無茶を承知で仕掛けていて、下がる選択肢はない。
これも、大統領選次第ですが、しばらく消耗戦が続くでしょう。
アメリカが有利なのかという気もしますが、だからといってアメリカにべったり付けば、とんでもないことになる。
私は、日韓の関係より、米中の関係悪化のほうが日本には怖い気がする。
貿易戦争が長引けば、当然アメリカの経済も打撃を受ける。
どう補てんするか。
その矛先は日本に向けられはしないかと心配します。
とにかくトランプは、あこぎな商売をする男です。
ずうずうしく、義理を欠き、利益を得ようとする。
いつでも、突然に日本に難癖をつけて来る可能性があります。
日米貿易協定が結ばれる見通しらしいですが、これで安心していたらおめでた過ぎる
協定など簡単に破棄できるし、破棄の理由を日本の責任にすることくらい平気でやるでしょう。
そのとき、どう対処するのか。
それが安倍政権の真価が問われ、政権が動くときのような気がします。

政権交代の可能性

外交は難しいと思います。
最近の情勢を見ていると、日本の常識がいかに世界では通用しないかと認識されられる。
外国からすると、日本の言動が非常識というか、バカじゃねえと、と思われることも多いのでしょう。
それを内外に納得してもらうよう、すり合わせるのが外交ですが、これはセンスが必要でしょうね。
さて、そんな外交センスが政治家には必要か?
私は必ずしも必要じゃないと思う。
こういうことは、プロフェッショナルである官僚に任せていればいいのです。
なんだかんだ言って、やっぱり官僚は優秀です。
政治家には、違うセンスが必要です。
機を見て、大胆に行動できるセンス。
このセンスという点で、ずっと思っているのですが、野党のトップにいる人に決定的に欠けているんじゃないでしょうか。
枝野さんはじめ、各党代表の言うことを聞いていると、特に感じるのです。
そもそも、旧民主党の方々は、今の自民党安定政権をおぜん立てした人たち。
一応反省の弁を述べたからと、開き直って自民党をただ否定するより、自分たちに足りないものを探して身につけるべきです。
与党への攻撃も、何かスキャンダルがないと何もできない。
やっと、上野議員がネタを作ってくれて、がぜんいきり立っているところですか?

この上野議員、もうほっといてください。
追放すればいいのです。
この人は、みんなの党に所属して離職したり、維新の会に入りたいと言ったり、なんか一貫性がない。
自民党で立候補してからも、比例で8議席中8番目で滑り込んで当選した人です。
なんで、こんな人が政務官になっていたのか分からない。
この点は、任命責任、説明責任が総理には十分あると思いますね。

しかし、またこの問題で議会の場が浪費されるのかと思うとうんざりする。
この上野一人の件で、自民党政権はびくともしないし、国政には何も影響ない。
政権が安定しているというのはいいことかもしれないが、政権交代の可能性がないという状況が長く続き過ぎるのは問題だと思う。
霞ヶ関も、経済界も、自民統治前提で、何の緊張感もなく、いわばやりたい放題できる。
これは野党の責任であり、先の参院選でそのことが際立ったと思う。
山本太郎は、この既存野党の不甲斐ない部分を考え、補てんし、見事に成果を上げたと思う。
私はれいわ新鮮の政策に、魅力を感じる部分は少ないが、政治センスという点では、感心する点は多い。
もっと、何か、違う力が必要だと思う。
そろそろ、日本の政治に大きな時代のうねりを期待したいのだが、まだ先は見えないだろうか。

韓国との関係

やっぱり韓国とは、うまくいかないのですね。
泥沼にお互い足を突っ込んで、消耗していくのでしょうか。
やり方や、一方的すぎる主張も、たぶん韓国が悪い。
しかし、国同士の関係は良い悪いで説明できるものではありません。
正義に敵対するものは何か?
まさか、「悪」だと胸を張って語る政治家、官僚などはいないでしょうね。
いたら頭おかしいですよ。
正義の敵は、別の正義です。
韓国には韓国に言い分がある。
いかに正当性を欠こうとも、引くに引けない。
歴史問題を繰り返し蒸し返し、国際関係を悪化させようとする勢力は、どこの国にもいる。
そんな勢力を押さえこむことも出来ない韓国の国政。
まんまとそれに付き合うことになった日本。

私は日本が謝罪することはいいと思う。
アメリカが原爆被害者に謝罪してほしいと願うのと同じです、いいじゃないですか。
しかし、お金を払う必要はない。
日本は十分賠償金を韓国という国に払っている。
戦争被害者が賠償を求めるべきは韓国国家です。
日本は不当な要求に対して、「バカじゃないの?」遠まわしにそう言い続ければいいと思っていた。

だいたい慰安婦と呼ばれる人、存命は数十人です。
徴用工問題で訴えられているのは私企業です。
何で、国同士のケンカにならなければいけないんですか。
常識の通用しない相手には、主張をくり返すだけで事足りる。
日本政府はそうするだろうと思っていた。
たしかに日本企業は守らねばならない。
バカにされっぱなしで、世論の手前もある。
そして、対抗措置に踏み込んでしまいましたか。
これから先、どうなるのか読めなくなった。
正直、私も日本政府の姿勢がいいのか悪いのか分からなくなりました。
ただ、今後も日韓関係な冷え続け、経済的にいろんな影響が出てくるでしょう。

今の韓国を治めるのは左派政権です。
文大統領は、中国、北朝鮮に近い。
懸念するのは、今後韓国が左に近寄っていくこと。
日本は安倍政権発足後、右に傾いています。
右や左と、簡単に振り分けるのはよくないかもしれませんが、歩み寄れないでしょう。
弱い国日本は、アメリカとの関係に頼るしかないのですが、トランプ大統領は信用できない人物ナンバーワンです。
今後、文政権の起死回生の一手は、統一挑戦への道筋へ進むかもしれません。
アメリカは、別に反対しないのではないでしょうか。
中国の干渉を抑え込めれば、悪い話ではないのです。
北の坊やの体制、身分を部分的にでも認めてやればいい。
北朝鮮の安い労働力、ほぼ完成された軍事兵器は、「中国に渡さない」でさえあれば、利用価値があります。
その時が来れば、米中は、うまい具合に取引するような気がします。
そこでは、日本のことなどどうでもいいことでしょう。
日本が、土壇場で孤立しないことを祈るしかありません。

参議院選挙の結果について

参院選が終わりました。
まあ、特にサプライズもなく、こんなもんだろうなという選挙でした。
NHKから何とか、という政党から当選者が出たのだけは驚きではありました。

私は期日前投票しました。
投票日当日は、家人に付き合って、また投票場に行きました。
まあ、それぞれちょっとの時間しかいなかったのではありますが、見事に若い人の姿は見かけませんね。
政治に興味がない、失望している、からなのでしょうか、投票に行かない人は多いようです。
票は平等に与えられています。
言い方が悪くなりますが、もはや生産性などとっくにない、明日をも知れぬ高齢者たちも同じように1票を持っている。
世の中不思議なもので、これから長く生きるであろう若い人の方が命には執着がなく、どうせ先の長くない老人が必死に死を遠ざけようとする。
お金が必要な人ほどお金に無頓着で、いっぱい持っている人ほど、自分の金に執着して、財産が目減りしないか必死になるのです。
これからの日本を守ってもらわなければならない若年層が政治から離れていき、年寄りは政治にすり寄りすがろうとする。
1票を取るために、政治は高齢者に手厚く、若者から遠ざからざるを得ない、ますます若者は政治から離れていく。
どうしようもない悪循環に陥っています。
これを断ち切るために、センセーショナルな言葉や行動で注目させようとする、またはタレントを擁立したり宣伝したりして票を稼ごうとする政治にもげんなりしてしまいます。
投票に行く、という最低限度の権利と義務を放棄しながら、政治を批判する資格はない。
境遇をなげき、その責任を他に転嫁する前に、まず参加して理解しなければいけない。
こんな当たり前のことを、教えてあげなければいけません。

今の日本は、自分たちが作ったという自負のかたまりである年寄りたちが、既得利権を守るためにかつぎ上げた政治家によって運営されているのです。
しかし、それを分かっていて、何か変えようという勢力も誕生します。
そのパワーのベクトルが常に正しい方向に向いていれば問題ないのですが…
山本太郎氏などは、まだまだ大きな力とはなりえていない。
しかし、今後、どう化けるかわからないし、このユーチューブなどの手段が豊富な時代に、違うデマゴーグが現れるかもしれないとも思います。
それまで政治に無関心である人たちを、うまく取り込むことも可能です。
山本太郎氏を悪く言うわけじゃありません。例に挙げたまで。
今の新しい勢力は、マイノリティを救う、ということに突出し過ぎている感があります。
国政全体については語っていません。
私はそんな力をすべて受け入れもしないが、全否定もしない。
自分の価値観に沿う部分だけを支持します。
しかし、世の中は、「これぞ神!以外は排除!」などという方向に動きがちであり、このネット社会ではその危険性は大きい。
安易な方法、上手な方法を用い、未発達な若者の心を掴む為政者が現れるかもしれない。
その前に、危機感を持って、正しい手法で、組織票を得るために経団連に寄りそうでもなく、ポピュリズムに走らず、将来のビジョンを説くことで支持される政治家が現れてほしい。
そして、古い政治と、新しい勢力は、穏かに、しかし速やかに攻守を後退してほしい。
焦りを感じるのは、若くもなく、年寄りでもない、中途半端な私の杞憂でしょうか。

社会保障費をめぐる、不都合な現実

国のお財布事情がどうなっているか、きちんと知っていますか?
なんかしらん、借金が増え続けている、ってことくらいは聞いたことがあるでしょう。
ヤバいという人もあれば、心配ないという人もいる。
実際、日本株式会社の収支を把握している人は少ないんじゃないでしょうか。

まず、国の予算ですが、今年度の支出予算額はざっと100兆円です。
これに対して税金による収入は40兆円。
じゃあ60兆円はどこから持ってくるのって話ですが、これは国債、つまり借金によって賄われます。
さて、支出の100兆円ですが、このうちの25兆円は国債費、つま借金している分の返済に使われます。
うち9兆円は利息です。
これだけ見ると恐ろしい赤字経営ですね。
今年は60兆円借金して、16兆円元金返済、利息に9兆円支払う。
しかし、潰れなきゃいいんですよ。
別に、借りる額も返す額も、国が勝手に決めるわけで、無理して返せとも言われないし、差し押さえられることもないし。
借りているのも大部分国民ですから、返してもらえないって時は日本自体が終わり、一蓮托生です。
貸している方が偉いわけでもないんです。
どんなに借金が膨れていっても、経済成長が続いていけばいいんです。

問題は金額の大きさでも、ヤバいくらいに右に傾いたバランスシートでもありません。
だいたいが、今申し上げているのは一般会計と呼ばれる分の話。
国民に公表される、この一般会計のほかに、特別会計と呼ばれる不思議な制度がありまして。
何に使うのかよく分からない予算が別に200兆くらいあるんですよ。
この話を持ち出すと面倒なのでやめます。
問題にしたいのは、予算の内訳です。
100兆円のうち、25兆円は借金返済に使うというのは分かりました。
残りの内訳で、厚生労働省の予算が32兆円あるんですよ。
何かとうるさく言われる防衛費で5兆円なんですから、どんだけ大きな予算ですか。
32兆円は、医療、介護、福祉、年金といった社会保障費として使われます。
この社会保障費は、必要なのですが、生産性はあまりありません。
日本経済に与える負担は絶大です。
実際、消費税を8%から10%にしようかどうしようか、と騒いでいるレベルじゃないと思うんですけどね。

この膨大な社会保障費。
これもひとつの利権であり、使われ方に疑問を呈したい部分が大きいです。
何で、こんなに薬ってバカ高くて、それが大量に使われなきゃいけないんですか。
政と官、そして医師会や製薬会社、その他諸々の団体、企業が混ざり合って関係を構築し、誰も手出しできないシステムがつくり上げられているような気がしてなりません。
介護老人保健施設という介護保険適用の介護サービスがあります。
介護従事者の賃金水準が低いと問題になったことがありますね。
確かに現場の介護職の給与は安いです。
しかしこの介護老人保健施設、医師を最低でも一人置かなきゃいけないのです。
治療といってもたいしたことのできない、高齢者施設。
だいたい現役を退いた80過ぎの医師の再就職先であったりします。
医師がいないと営業できないシステムです。
医師会が斡旋してくれるので、施設は年収1,500万、2,000万で雇わざるを得ない。
ほんの一例です。
社会保障費をめぐる、不都合な現実は、私が知る限りでも、どれだけでも文字で紙面を埋めることが出来ますよ。
まずはこの、財源の覚束ない社会保障費をどうにかしないと、本当にまずいと思うんですけどね。
若者や子どもたちが絶望する未来にしてはいけませんよ。
厚生労働省予算、誰か、この巨大で真っ黒な箱を強引にこじ開けて、整理してくれませんかね。

政治献金

私はね、日本の政治をダメにしている一番の原因は、政治献金だと思うのですよ。
これ、何のためにあるのですか?
何で政党や政治家にお金を払うのですか?
世の中をもっとよくしてもらいたいから、応援するためにお金を払うという趣旨でしょうか。。
まあ、個人献金はそれで、許されるのかなとも思います。
しかし企業や団体が献金するのって、何のためですか。
見返りを期待して行われるのでしょう。
慈善事業に寄付するのとはわけが違います。
社員には特定の政党、政治家を支持する自由、指示しない自由があるのですよ。
社員の努力によって稼いだ会社の大事な金を、たとえ余っているのだとしても、社員に還元しないで勝手に政治献金とする。
会社って、基本的に役に立たないことにお金は使わないです。
会社に役に立つ政策を実行してくれるなら献金しますよ、という考え方なんでしょ。
私はあまり頭がよくないから、こういう政治献金と賄賂の違いがよく分からないのですよ。
誰か教えてください。
政治資金規正法とかの話はやめてくださいよ。
こんな抜け道だらけの法律で説明されても説得力はないです。

政治と金の問題は、明らかにされにくいです。
ロッキードや佐川などは、特例です。
たまにバレちゃう運の悪い政治家は、責められます。
対立政党は、国会で追及しますが、追及する側も、「バカだなあ」とか、「かわいそうに」とか思いつつ、明日は我が身と気を引き締める気持の方が強いのではないでしょうか。
マスコミも扱い方にはデリケートにならざるを得ない。
メディアのほとんどにはスポンサーがついていますから。
彼らも何らかの形で政治とは金銭関係で結びついている。
「あんまり、藪を突っつくのはやめときましょうね」、これが暗黙の了解ではないでしょうか。

もはやお金関係と失言関係は、慣れてしまってあまり反応する気になりません。
安倍内閣もあまり気にしていないのではないですか。
だいたい安倍さんの人事は、「義理を通す」です。
自分を支援してくれた人、助けてくれた人を重要ポストにつけてあげます。
あんまり資質にはこだわっていないようです。
当然、やがて個人の問題が表面化してくる。
その時は、申しわけないけど仕方ないねと、更迭する。
義理は通したから、と次の入替人事で、何とかなっていくのです。

もし、政治献金が全くなくなっても政治が動いていくなら、もっと国はよくなる気がします。
たとえ、お金を受け取っても、企業から受け取った金をうまく、広く人のためになることに使ってくれるのならいいのですけどね。
そんな政治家も、いないことはないですけどね。知る限り過去に数人は…

そう言えば、企業献金はおろか政党交付金も受け取らずに、新聞売上と個人献金だけで運営している政党がありましたね。
はい、共産党ですね。
私は共産党は支持しません。はっきり言って嫌いな点が多いです。
しかし、この政党、ちょっとは見習ってもいいところがあるのかな。
何事も、すべてを否定せず、認めるところは認めてやろうじゃありませんか。
何でもそうですが、すべてを否定せずに、学ぶべきところは学びたいものです。

参議院選挙がちかづいてきた 

そろそろ参院選に向けて、気もそぞろの政治家さんも多いことだと思います。
今後の日本の方向性を占う選挙になりますので、立候補予定者だけでなく、各政党関係者は落ち着きをなくしておられるのではないでしょうか。
難しいですね。
解散による衆参ダブル選挙もうわさされてきました。
やめてくれ、というのが率直な意見です。
景気の先行きが不安なので、多くの人が浮足立っている。
言わせてもらえば、景気の後退は、そろそろそういう時期だということで、政治が変わったからって動きません。
グローバル化した現代では、アメリカ、中国の動き次第で、世界の経済動向はコロッと変わってしまいます。
政権交代などで、期待感から一時的に好転しても後でかえって悪化します。
選挙関連の駆け引きで、下手に混乱させるのは、勘弁です。

とにかく、今の日本の政治は、与党自民党がいい悪いじゃなく、野党がひどすぎます。
果して、選挙になったとして、一時的に立憲と国民は仲良しになるのでしょうか?
維新も共産も共に手をつなぐのでしょうか?
それでもいいですが、で、どういう政策を打ち出せるのか、楽しみです。
これといった政策も出せず、また加計や森友を持ち出して批判のみに終始するようなら、もう野党はいりません。
もう存在価値の見出せない野党はいっそ解体した方がいいような気がするのです。

「二大政党制」これがどう考えても、健全な形態です。
戦後の自民党主体の日本の運営は、とにかくアメリカの意向に沿う、というものです。
安倍政権もとにかくこの路線に乗っています。
構造改革、基地移転、外国人労働者受け入れ、……
北方領土も何でロシアから返してもらえないか、考えたことありますか?
日本ロシアが本気で条件をすり合わせていけば、もっと現実味が出ていいと思いませんか?
北方領土を日本に返すということは、アメリカのものになるということと同義です。
ロシア「エトロフに基地を作ろうと思ったりしない?」、日本「米軍の?そんなことさせませんよ~、約束しますよぉ」、ロシア「ふーん、そっかぁ、まあ考えとくわ」
こんな会話が裏で続いているんじゃないですか。

あまり日本人は気づいていないけど、日本はアメリカの属国と言われてもおかしくないのです。
日本の技術力は、世界トップクラスではないのですか。
なぜ、日本は飛行機をボーイング社から買い続けなければいけないのでしょう。
なぜ、ほぼすべてのコンピュータでウインドウズやアップルを使い続けなければいけないのでしょう。
ためしにちょっと作ってみる能力もないんでしょうか。
中国が立ち向かっても苦戦しています。
日本など、簡単にひねりつぶされるからこうしているより仕方ないのかもしれません。
しかし、頑丈な政策が基盤にあり、アメリカにNOといえる政治を展開できる政党が現れたら、とても素晴らしいことだと思うのです。
そこではじめて、憲法を、国防を、議論できる。
とにかく、自民党が下野しても安心できる日本になってほしいのですが、夢でしかないのでしょうか。
共産党一択のヘゲモニー制の国の方がまだましじゃないか、という気までしてくるこの頃です。

米中関税戦争

米中の攻防が激しくなってきました。
貿易関連のトランプ流と呼ばれる強気の交渉はどういう結果を招くのか、予想がつかない面は確かにあります。
高い関税をかけるということは、自国に対しても大きなダメージをもたらすことにもなるもろ刃の剣。
果して、トランプの行き過ぎとも思える保護主義はいいのか悪いのか。
答えが出るのは、まだ先のことでしょう。
しかし、こういったアメリカのやり方は、今に始まったことではないのです。
過去、日米貿易摩擦が深刻化した時、日本製品が優秀なせいでアメリカの失業者が増えているなんて理由で日本は大変な圧力を受けました。
結果、自動車などは、電子部品などだけアメリカに輸出して、アメリカで製造するなどというご機嫌取りをしなければいけなくなっています。
しかし、ご機嫌取りをしながらでも、日本は発展し続けてきた。
要は能力次第なのです。

これまでアメリカと中国は、お互い片手でこぶしを振り上げあいながら、机の下でもう片方の手を握り合うという関係が続いてきました。
どうせ脅しだろう、適当なところで妥協するのだろうという予想を覆し、米中どちらも引かず今後、消耗戦へと突入していく様相です。
トランプの一番の目的は、自身の再選を果たすこと。
引き下がらない強気の姿勢を示し続けることは、選挙戦に有利です。
トランプは今のところ、何においても、実はごたごたの解決に積極的だとは思えません。
問題を長期化させようという意図が、私には見えるのです。
「自分が再選されなければ、山積みの問題は棚上げされ、アメリカは一気に押し込まれるぞ」、そうアピールし続け、2020年の選挙が終わるまであらゆる場面で、米国の持久戦が続くでしょう。
中国も妥協はできない。
ハイテク産業を中心に世界の覇権を握りたい中国、何が何でも阻止して中国を弱体化させたいアメリカ。
中国の経済は、成長を遂げながらも不安定です。
もし、中国経済のバブルが急に弾けたら、その時、中国の5G技術が世界のスタンダードとなっていたら、GDPがアメリカを抜き、世界第一位となっていたら、世界は大混乱に陥るかもしれません。

日本の立ち位置はどうすべきなのでしょう。
いろいろ意見はあるのでしょうが、やはりどっちつかずの態度を取り続けるのが利口でしょうね。
安全保障の点でアメリカとは仲良くしなければいけない。
しかし、経済は別問題です。
日本は、中国、韓国と衝突するべきではない。
経済的にはこの3国の関係は重要です。
いうべきことは大いに言っていいと思いますが、対決していいことはないのです。
徴用工問題に関して「やられたらやり返せ」的なことを言う人は政治家も含めて多いです。
日本が強硬な姿勢を取れば、経済的に韓国が受けるダメージは大きいでしょう。
国際的に韓国を孤立させることも可能かもしれません。
しかし、それで日本も無傷ではすみません。
本気で斬りつければ、返り血を浴びるし、相手も無抵抗ではいない。
こんなことすら考えられずに、無責任に発言するバカはすぐに退場していただきたい。
経済的損失を計算して、冷静に判断しなくてはいけません。
別に信頼関係を構築維持する必要はないんです。
しかし、アジアの関係のためには本気のケンカはできない。
アメリカの言いなりにならなければならないのは、いわば日本の宿命みたいなものです。
これをどうにかしなければ、などと今さら言っても、現実的ではありません。
お友達だからね、と間を取り持つふりをしながら、状況を見続けることです。
誰かが破滅しそうなときは、素早く手を引く準備を怠ってはいけません。
たまには強気な事を言ってみたり、でもへらへらと持ち上げてみたり。
情けない、などと言っても、こんな弱い国にしてしまった先人たちを恨みながら、そうするより仕方ないのではないでしょうか。



Copyright © 2004–2009. All rights reserved.

RSS Feed. This blog is proudly powered by Wordpress and uses Modern Clix, a theme by Rodrigo Galindez.