新型コロナ

まだまだ、新型コロナでの影響は先の見えないトンネルに入ったままです。
もう仕方ないですね。
このウイルスを、根絶することが現実的でないわけですから、感染するかワクチン接種かで、抗体を獲得するより対抗の手段がない。
これが昔だったら、一気に蔓延して患者数も死者数も増えます。
その代わり、1か月くらいで終息するはずなのです。
これが本来の姿だとも、これがいいと言うつもりもない。
世界は、過去に経験に沿わず、ウイルスの拡散を可能な限り食い止め、言わば長い時間ウイルスと付き合おうとしています。
自ら長い戦いを選んだんです。
おそらくまだまだ続くでしょう。
夏が過ぎて、感染症の流行期である秋冬には、大きな流行が来るかもしれません。
ワクチンがいつ製品化されるのか、そしてその有効性安全性は不確定要素が大きいです。

最近の政府の対応を見ていると、ある程度のウイルスの拡散はやむを得ないとみているような気がします。
どうせ感染を止められないなら、緩やかに拡散させ、抗体を持ってもらったほうが国民のためになる。
なにより、これ以上経済を停滞させるわけにはいかない。
本気で食い止める気はないのかもしれません。
厚労大臣の姿がほとんど見られず、経済再生大臣ばかりが露出していることでもそんな気がします。
医学の専門家などは、彼らの立場として、一層のディフェンスを呼びかけるでしょう。
オフェンスに移行したい人がこれから徐々に増えていくかもしれません。
ある程度の犠牲は仕方ないだろう。
表面化していないだけで、そういう考えを持っている人は多くいます。
せめぎ合いとなるかもしれません。
見苦しい争いにならなければいいのだが、と思う次第です。

何よりむかつくのは、これを政治の駆け引きとして利用しようとしているのではないかと思える勢力が見えてきたこと。
政府の対応は、ちぐはぐに見えます。
何をしたいのかよくわからない。
新型コロナの流行を食い止めるより、ある程度コントロールしたい。
ブレーキとアクセルをバランスをとって、操作しながら、世論の批判をかわしたい。
わざと決定的な対策を打とうとしないように見えます。
反政府勢力は、もはやどっちでもいいのではないでしょうか、問題の責任をすべて政策にひっかぶせて批判の材料にする。
この騒動に市民団体が乗っかってくれば、混乱は私たちの社会で深刻な事態となります。

つくづく恐ろしいと思うのは、これが致死率数パーセントのウイルスの力であるということ。
その致死率は、年代別で大きな差があります。
高年齢ほどかかると怖い。
このようなウイルス兵器が人的に作ることは可能でしょうし、今回使用した場合の有用性は証明されました。
これを兵器としてみるなら、火砲や破壊兵器、化学兵器と比べて、人道的なものと言うこともできるのです。
大量殺戮を行うものではありません。
しかし、静かに拡散させ、たくさんの国の経済に巨大なダメージを与えることができます。
犠牲となるのは、生産性の低い社会的弱者。
それをどれだけ守れるか、国の価値にもかかわってきます。
自国だけがワクチンを先に持ち得ているなら、強力な武器となります。。
過去の狂信的独裁者が手に入れたら、その利用性の高さに驚喜したことでしょう。

我々は学ばなければいけません。
政治家は、なおさら学び、とにかく先を見ていただきたいものです。