全体主義体制

見えない敵に対して勝利するために、全体主義体制となった世界。
そろそろ、次のステージを見据えた方がいいのかもしれません。
「欲しがりません、勝つまでは」と、誰もが必死に耐えています。
しかし、次第に緩みが出てくる頃でもあります。
ちょっとくらいならいいだろう。息抜きも必要だ。
何かと理由を作り、動きを始める人が出てくる。
サービス業は、喜んでそういった人を受け入れるでしょう。
私たちも、生きていくために仕方ない、と考えて。
でも、それを許さない人も出てくる。
やがてレイシストの台頭。
そしてデマゴーギー、ポピュリズムが浸透し始め……。
歴史を繰り返してはいけない。
国民の気持ちも疲弊しています。
不満を誹謗、中傷へ転化し、攻撃の対象を探し始めます。
そのとき、政治はどう動くのか。

今回、経済的被害を受けているのは、サービス業。
飲食、交通、宿泊は壊滅的です。
国や自治体からの援助を期待し、今はじっと我慢して、乗り切ろうと考えている人も多いかもしれない。
しかし、いかに強大な国家でも支えきれるでしょうか。
今回、この戦いには明確な終わりが見える気がしない。
たとえ、新型コロナウイルスからの脅威が消えたとしても、いつ何時新たなウイルスが発生しないとも限らない。
私たちは、人との接触、大人数での移動や会合、接待を伴う飲食、こういった行為の危険性が刷り込まれてしまったのではないでしょうか。
果たして、元のような生活に戻れるのか。
もはや、レジャーや外食という行為はリスクを伴うものだという意識が生まれてしまったかもしれません。
もしかしたら、不特定多数の人が集まる場での飲食が社会悪と認識されてしまう。
これまで私たちの生活で普通に行われてきた娯楽が、まるで人目を忍んで行われる性風俗産業のようになる可能性もあるのです。

もう、社会の仕組みそのものが変わっていくのかもしれません。
あらゆるサービスの形態が変わらざるを得ないかもしれない。
果たして時代の変化に、誰がついてこれるのか。
もしかしたら、産業革命波の急激な変化が今後起こるのかもしれない、という気もしています。
今後、どういう変化があるにせよ、繁栄する者と淘汰される者が出てきます。
これまで政府は、専門家の意見に従う形で、方向性を決めてきました。
右往左往し、後手に後手に。
しかし、この先は、政治が主導しなければいけない。
正義を振りかざす者、ひたすらパンドラの箱を開けようとする者が出てくる。
流されずに、本当に国の将来、国民の生活のための施政を実行できるのか。
日本の政治の真価が問われるときが来ている気がします。