安倍総理

もう、安倍さんもいいでしょう。
お疲れ様でした。
新型コロナへは、とりあえず収束の方向に向かっている。
政権の対応は、よかった面もあれば、お粗末なところもあった。
検証は必要でしょうが、私はあまり興味はない。
是も非も、教訓として未来に生かせばよい。
また、流行は起こるかもしれないが、対応は繰り返しです。
ワクチンのタイミング次第で、なるようにしかならない。
後は、経済対策、各業界への補填のあり方ですが、これは安倍内閣でなくてもいい。
いや、安倍内閣じゃない方がいい。
オリンピック開催は不透明。
東京開催が予定通り行われたとしても、安倍さんは必要ない。
安倍さんの悲願である憲法改革への道筋も、それどころじゃなくなった。
これ以上しがみつかず、次の政権に託すが賢いでしょう。
ここで、日本が二大政党制にないのが、実に残念。
安倍さんに退いてもらって、やっぱり自民党政権が保守とリベラレルの両面をバランスを取りながら、国政の舵取りせざるを得ない。
いつまでも同じような繰り返し。

野党は相も変わらず、くだらない批判の繰り返し。
どうも今回は、一部芸能人などの後押しを受けて、少しは威勢が良さそうです。
ただ、弱い。
安倍さんは嘘をつく人だから、辞めてほしい、みたいな風潮を感じられる。
私は、少々あきれる気持ちになる。
ほとんどの人は嘘をつきますよ。
保身のため、組織のため、大義のため、ありとあらゆる場面で、都合のいいように解釈し、頭の中で改ざんし、嘘をつく。
私もそうです。
政治家など、誰かが言ったように、まさに息をするように嘘をつく人々でしょう。
小沢さん、あなたはよく知っているはずです。
安倍さんの嘘は驚くほどに、稚拙です。
子どもの言い訳のように、ごまかしの答弁をします。
誰もが納得できないことを、当然のように推し進め、反対する意見を嘘でごまかし、かき消してきた。
自民党内で、認められ、許されたからです。
お友達を大事にし、その一方で邪魔は容赦なく切り捨てる。
森友、加計(この加計学園の創立者は岸信介と妾の間に生まれた子らしいから、加計と安倍は実は近い親戚で、関係は切れないか(笑))、黒川、……
切られたり、切られたようでつながっていたり、他にも影でしっかり手を組んで暗躍している輩がたくさんいたり……
まあ、だいぶ表面化してきたし、自民党内でもそろそろという意見が増えてきているようです。
と、いうことで交代でしょう。
現代日本に、実は世論はあんまり関係ない。
交代しても、複雑に絡み合って結びついた人脈は変わらない。
明治維新以降続いてきた闇だから、そう簡単には変わらないか。

ただ、世の中は、思わぬ形で変わらざるを得ない状況になっている。
ここで、適応できない者は淘汰されざるを得ないでしょう。
政治でも同じではないでしょうか。
もしかしたら、政治も、変える機会かもしれない、と思うのは私だけだろうか。