コロナウイルス

先の見えぬ不安、得体の知れないウイルスに対する恐怖。
私も、これほど長引き、影響が大きくなるとは思っていませんでした。
国としての対応は、これまでも、現在も、間違ってはいないのか、検証はまだ先のことになるのでしょうが、いつかは方向転換をしなければならないのではないでしょうか。
感染者を懸命に押さえ込もうとしている状態ですが、果たして、終わりはあるのか。
このウイルスを根絶させることは可能なのでしょうか。
もしかして、感染者の増加を鈍化させることは、結局は収束を遅らせているだけではないのでしょうか。
やはり、国家が本気で行うプロパガンダは強力ですね。
もはや、外出や人との接近が犯罪であると感じている人も多い。
たとえ、一旦収束に向かったとしても、自粛を緩めればまた感染拡大が始まるかもしれない。
終わりの見えない消耗戦をいつまで続けるのか、局面は近づいているかもしれません。
抗ウイルス薬やワクチンがどこまで期待できるか、そこもはっきりしないし、情報が遅すぎる。

私がわからないことのひとつに、なぜ、これほどまでに国が主導しなければいけないのでしょうか。
もっと医療機関に責任を持たせることがなぜできないのか。
多額の国家予算がつぎ込まれている医療分野。
それに保護されている形の医療機関に、こんなときこそ、検査、診断、投薬という流れを判断、実行させていいのではないでしょうか。
アビガンが有効らしいというのは、私は2月の初め頃には話を聞いていた。
治験だ、安全性だ、と話しだけは飛び交っていますが、この薬は何年も前に、安全性が確認され、抗インフル薬として承認された薬ではなかったでしょうか。
医師の責任において、検査を行わせ、陽性者に投与させてなぜいけないのでしょう。
有名なコメディアンや、女優さんも、もしかしたら命を落とさずにすんだのかもしれない。
私は、専門家でもないし、こんな考えは間違っているのかもしれない。
でも、何か、おかしい、そんな気がしてなりません。

国が一元に管理したことで、追求が遅れ、被害を大きくしたという過去を日本はもっているではありませんか。
全国で頻発した公害問題。
調査を行政が主導した。
結果、何かよくわからない風土病としてうやむやにしようとした権力者の意思が膨大な数の被害者を出しました。
何かこのときの流れと似ている気がするのは私だけですか。
もしそうなら、何十年たっても、多大な犠牲の上得られた教訓も、役になっていないことになるのですが……。

とにかく、これから、国の舵取りは大きな局面を迎えるでしょう。
経済への打撃は壊滅的です。
国民の疲弊も大きい。
今後はいつ、どうやって回復させるかが焦点となっていくはず。
何のために、あれほどまでに耐えたのか、国民の不満は些細な引き金で爆発します。
抑圧された感情を抑え込むのではなく、昇華させなければ、病気の流行より恐ろしい危機を迎えるかもしれません。