資本主義

資本主義社会の中で、経済的な不平等は絶対になくならない。
政治と経済は親密に結びついています。きれいごとを言っても仕方ありません、政権運営で重要なことは、国民の反感を大きく買わぬ程度に格差社会を進めていくことなのじゃないでしょうか。
バランスが崩れた時に、政治がうまくいかなくなります。
どうも最近の安倍政権は、行き過ぎ傾向ですね。
足を引っ張る者も多いです。やはり驕っているのでしょうね。
現政権の寿命もそう長くないのかもしれません。
いつごろ、どういうかたちで終わらせるのか、その段階に差しかかっているのかもしれません。
残念なのは、どうしても、野党にまかせようという気になれないこと。

今の野党勢力には、資本主義国家を運営することは出来ないと、私は思います。
私は、社会主義を完全否定するものではありません。
経済的に平等な社会は、悪くはないと思います。
贅沢とは無縁だけど、毎日夕方7時には、家族みんなで食事を囲む、「貧しいけれど、楽しいわが家」。
皆同じ生活をしているなら、別に貧しくもありません。
同じような仕事量を与えられ、同じような賃金をもらい、同じような娯楽を楽しむ。
広い家もない、高級車もない、海外旅行もない、そのかわり、ノルマや時間外労働に苦しめられて仕事することもない、必死に子供にお金をかけて高学歴を与えなければならない理由もなくなる。
幸せな社会かもしれません。
しかし、実現できるはずありません。
分かっていながら、格差社会だけを問題にし、不平等を政権の責任として攻撃する。
たとえ、今の野党が政権を奪って、もし本気で彼らの唱える社会を実現しようとするなら、財界と天下り先の確保に熱心な官僚の反発を受けて、崩壊するのは目に見えています。
結局国民が失望して終わるだけです。

せめて我々は、監視しようではありませんか?
大きく政治形態を変えることは出来なくとも、一つ一つの行き過ぎた社会の動きをけん制することは出来ます。
憧れられるべき成功者は、おおむねストイックであり、自分を厳しく律しているものです。
企業の目的とはなんでしょう?
利潤の追求でしょうか。それはもっともだと思います。
しかし、その先にあるもの、正しい企業理念とは、社会への貢献にあるはずです。
いいものを作り、いい人材を育て、適正に稼いで、その利潤の一部を社会に還元する。
資本家の豊かさは、多くの労働者の働きのおかげであることを忘れてはならないはずです。
乗りもしない高級車を何台も保有したり、芸能人と付き合ったり、派手に露出する事を好む経営者もいますね。
最近ある企業の最高経営責任者は、膨大な額を私的に流用した疑いで、逮捕拘留されましたね。
経営者なりの重圧に苦しんでいる対価として、ある程度の贅沢は許されるとしても、それが誰かから搾取したものであると自覚しなければいけないはずです。
政治家も同じです。
彼らの地位は多くの国民の期待の上に成り立っているはず。
既得権益者と結託し、その利益を守るために奔走し、見返りを得る者があれば、私たちは見過ごしてはいけないのです。
最近、一部の政治家の傲慢さが目立つようになりました。
あい変らず続く不適切発言。
しかし、これらにいちいち反応するのも馬鹿馬鹿しい。
言っていいことと悪いことの区別も付けられない無能者は、とっとと去ってもらえばいい。
それよりたちが悪いのは、今の時代の支配者層であり続けることしか考えない人達です。
その中には、言葉も世渡りも上手な人が多いです。
目立つ言葉狩りや、SNSの炎上にばかり騒ぐのではなく、彼らの発言や行動から透けて見えるものに注目したいものです。
自分たちが去った後のビジョンを考えられる人でなければ、為政者となってはいけないのですから。
驕れるものは久しからず。理解してもらわなければいけません。