竹島問題

竹島問題。
韓国の議員団がまた竹島を訪問しました。
日本はもう慣れたもので、「遺憾です、抗議します。」で終わりそうです。
これでいいんでしょうかね。
日本人はとにかく温度が低い。
これはやっぱり国の取り組み方のせいでしょうか。
日本人は歴史認識が人ごとなのです。
テレビなんかで断片的に分かりやすく語られる情報を取り入れるだけで、知識も薄いし、意見も持たない。
韓国の場合は、歴史に関する研究機関がそれなりの資金を投入されて存在するのです。
情報は、その真偽はとりあえず置いておいて、国の内外に発信されるのです。
韓国にとってのあるべき正しい歴史は、教育の場でしっかり子どもたちに植えつけられるのです。
竹島にしろ、慰安婦にしろ、とにかく正当化しています。
日本もこの、国としての姿勢は、ちょっと見習ったらいいのではと、思うのですが…
日本の外交は、下手とは思いませんが、おとなしくてイラつくのは私だけでしょうか。
「戦争で取り戻すしか…」などという馬鹿は相手にしたらいけないのですが、気持ちの方向性は理解できるのです。
あれは馬鹿ですが、もっと戦略的に、日本の立場、主張を示すことは考えるべきでしょう。
このまま竹島が北方領土と同じ状況になる可能性は十分ありますよ。

真偽というのは、時々の状況で揺れ動くものです。
日本が今直面している問題は、認識にゆだねられています。
世界の知識人、韓国国内においてさえも、日本の主張に同調する人はいるはずなのです。
しかし、なんとなく日本に味方できない風潮が間違いなくあります。
当の日本人が、あんまり気にしてないみたいだし、これでいいんじゃない?
そんな雰囲気が感じられるのです。
竹島がなぜ領土問題となっているのか?
多くの日本人は、「日本の領土だって、偉い人が言ってるみたいだからさあ…」
なぜ慰安婦問題は解決しないのか。
「昔、解決済みになっているって、テレビの人が言ってたから…」
その程度の認識のはずです。

日本は太平洋戦争に負けました。
正義の行使者アメリカから、侵略で得た領土や財産は全部返しなさいと言われて、すべて従ったのです。
でも、どさくさにまぎれ、もともと日本の持ち物であった北方領土や竹島まで取り上げられたら、それは日本はかわいそうでしょう。
世界にしてみれば、「そうだね、かわいそうだね、でもよくある話だよね。日本人自体、あんまり分かってないしね。」
それで済んでいるのが現状です。

日本としての正しい情報、正しい姿勢を示していかなければ、やがて、「よく分からないけど、韓国が悪いから攻撃しろ」などという馬鹿が増殖する可能性が高いのです。
国や、メディアは情報を発信し、国民は知り、考える努力をする必要があると思います。