政治献金

私はね、日本の政治をダメにしている一番の原因は、政治献金だと思うのですよ。
これ、何のためにあるのですか?
何で政党や政治家にお金を払うのですか?
世の中をもっとよくしてもらいたいから、応援するためにお金を払うという趣旨でしょうか。。
まあ、個人献金はそれで、許されるのかなとも思います。
しかし企業や団体が献金するのって、何のためですか。
見返りを期待して行われるのでしょう。
慈善事業に寄付するのとはわけが違います。
社員には特定の政党、政治家を支持する自由、指示しない自由があるのですよ。
社員の努力によって稼いだ会社の大事な金を、たとえ余っているのだとしても、社員に還元しないで勝手に政治献金とする。
会社って、基本的に役に立たないことにお金は使わないです。
会社に役に立つ政策を実行してくれるなら献金しますよ、という考え方なんでしょ。
私はあまり頭がよくないから、こういう政治献金と賄賂の違いがよく分からないのですよ。
誰か教えてください。
政治資金規正法とかの話はやめてくださいよ。
こんな抜け道だらけの法律で説明されても説得力はないです。

政治と金の問題は、明らかにされにくいです。
ロッキードや佐川などは、特例です。
たまにバレちゃう運の悪い政治家は、責められます。
対立政党は、国会で追及しますが、追及する側も、「バカだなあ」とか、「かわいそうに」とか思いつつ、明日は我が身と気を引き締める気持の方が強いのではないでしょうか。
マスコミも扱い方にはデリケートにならざるを得ない。
メディアのほとんどにはスポンサーがついていますから。
彼らも何らかの形で政治とは金銭関係で結びついている。
「あんまり、藪を突っつくのはやめときましょうね」、これが暗黙の了解ではないでしょうか。

もはやお金関係と失言関係は、慣れてしまってあまり反応する気になりません。
安倍内閣もあまり気にしていないのではないですか。
だいたい安倍さんの人事は、「義理を通す」です。
自分を支援してくれた人、助けてくれた人を重要ポストにつけてあげます。
あんまり資質にはこだわっていないようです。
当然、やがて個人の問題が表面化してくる。
その時は、申しわけないけど仕方ないねと、更迭する。
義理は通したから、と次の入替人事で、何とかなっていくのです。

もし、政治献金が全くなくなっても政治が動いていくなら、もっと国はよくなる気がします。
たとえ、お金を受け取っても、企業から受け取った金をうまく、広く人のためになることに使ってくれるのならいいのですけどね。
そんな政治家も、いないことはないですけどね。知る限り過去に数人は…

そう言えば、企業献金はおろか政党交付金も受け取らずに、新聞売上と個人献金だけで運営している政党がありましたね。
はい、共産党ですね。
私は共産党は支持しません。はっきり言って嫌いな点が多いです。
しかし、この政党、ちょっとは見習ってもいいところがあるのかな。
何事も、すべてを否定せず、認めるところは認めてやろうじゃありませんか。
何でもそうですが、すべてを否定せずに、学ぶべきところは学びたいものです。