税金無駄遣い

会計検査院が2020年度の税金無駄遣い報告を行った。
改善されるべきは、2100億円だそうだ。
デカすぎて、ピンとこない数字である。
前年の指摘金額は297億円であるから驚く。
まあ、何が無駄遣いかという、捉え方もあるだろうし、結果論で責め立ててもよろしくはないと思う。
私は、会計検査院のやり方自体も疑問視すべき点があると思う。
不適切の内容も、これは仕方ないとすべきものも多い。
コロナでばらまいたものもあるしなあ。
しかし、庶民にとっては、日々生活するのが馬鹿馬鹿しくなる金額である。
これが、私たちの稼ぎの一部が搾取された結果であるのだから。
アベノマスクは、8000万枚の在庫を抱え、これが115億円、保管費だけで年間3億円かかるそうだ。
岸田総理は、年内めどに廃棄する方針を表明している。

コロナ過において、国政は打てる手を打ってきた。
なかには場当たり的で、何でそうなった?と思えるものも多い。
アベノマスクは、代表的なものだろう。
広く国民に、いかに税金が無駄に使われているか知らしめる、いい機会になったとでも思わないと救われない。

ここで私たちは、方向性を間違えてはいけないと思う。
これを愚策として責任を追及することが、どれだけ建設的なのかだ。
国民民主党は、国会で、どうツケを払うのかと攻め寄った。
ツケを払うすべはない。
分かっていて言うな。
安倍政権とポンコツ官僚のせいで国民がかぶらなければならないと、諦めるしかないのである。
だが、二度と失敗しないように、検証は行われなければならない。
これは、常識のズレである。
コロナ対策は、ほとんどが泥縄で行われた。
見切り発車も多かった。
行った人たちが、あまりに世間の常識を持っていなかった結果がアベノマスクではなかろうか。
私は、エリートと呼ばれる人たちが、いかに常識を持ち得ていないのかを表しているように思えるのだ。

緊急事態宣言のタイミング、ワクチン接種のスピードなど、結果的には良い結果を招いたと思える施策も多い。
だから、くだらないマイナス判断や行動を起こすようなことは減らしてもらいたい。
安倍政権では、こんな意味の分からない不手際が多く見受けられた。
期間は短かったが、菅政権では、スピーディに適切な政権運営が行われたのではないかと思う。
ワクチン接種の浸透は、圧巻であったと言っても良い。
岸田総理となってから、どうもおかしくないか、と思い始めている。
鈍い。
閣僚が間抜けなのか、官僚がポンコツなのか。
国民の、求めるものが理解できる人が、あの周辺にはいるのだろうか。
施政者は、市民のセンスを持っておいてほしいと、改めて思った次第であった。